【芸能】偏差値67の才女・須藤凛々花が批判を承知で「結婚宣言」をした裏には複雑な家庭事情があった?!

2017年06月25日

【芸能】偏差値67の才女・須藤凛々花が批判を承知で「結婚宣言」をした裏には複雑な家庭事情があった?!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

弟想いで優しい性格だからの決断?

アイドルとして成功をおさめた須藤凛々花さん。
その生活は順風満帆とはいい難いものだったようです。

須藤凛々花さんの父親は飲食店グループの代表で、
その名前は広く知れ渡っていたと言います。

そのため、幼少期の須藤凛々花さんは何不自由ない
恵まれた生活を送っていたそうです。

しかし、父親が他の女性と問題を起こし、
これが原因で離婚。

須藤凛々花さんは弟と一緒に母親に
引き取られることになったそうです。

その後、努力の末に有名進学校に
進学した須藤凛々花さんは、
高校在学中に「AKB48グループドラフト会議」の
候補者オーディションに合格、AKB入を果たしました。

しかし、順調に行っていると思われていましたが、
昨年の総選挙前に母親が子宮頸がんを患っていることを告白。
実はこの時に卒業を発表して東京の実家に戻ろうと
考えていたそうです。

両親が早くから離婚しており、弟の面倒を見てきたと言います。
そのため、温かい家庭に憧れがあり、結婚して母親の元に
戻りたいと考えているのではないかと見られています。


あの場で言えるとは凄いですね…驚きました。
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう


同じカテゴリーの記事


話題になっている記事