【恐怖】深夜1時半にインターフォンが→母がパニックで非常ボタン押す→警備員がやってきた。エントランスに立っていたのは・・・

2017年06月11日

【恐怖】深夜1時半にインターフォンが→母がパニックで非常ボタン押す→警備員がやってきた。エントランスに立っていたのは・・・

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

深夜1時半にインターフォンが鳴り家中パニックに。そこに立っていたのは・・・

深夜1時半にインターフォンがなり家中パニックに。警備員と共に立っていたのは・・・

夫と子供(1歳)と3人で都内に暮らしている私。

共働きで働いている私たちですが、その日は平日。

田舎から両親が出てきて泊まるというので、とっても忙しかったんです。

父は、「旧友と飲んでくるから」といって夕方から外出。

私は「明日も早いから22時までには帰ってきて。子供が驚くからオートロックのインターフォンは鳴らさず、エントランスから携帯で連絡ちょうだい。」と伝えておきました。

しかし、その夜。父は22時になっても23時になっても帰ってきません。

「サウナにでも泊まるんでしょ」なんて母親と話をし、念のため携帯を枕元に置いて仮眠をとることに。

深夜1時半をまわったころでしょうか?突然「ピンポーン」とインターフォンがなり、「おい、早く開けろよ!」と怒鳴る父の声が・・・

その音に驚いた赤ちゃんは大声で泣き出し、家中ちょっとしたパニックに。

すると、その鳴き声を聞いてテンパった母がインターフォン横にある非常ボタンを押してしまったのです!

 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう


同じカテゴリーの記事


話題になっている記事